スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ごきげんカブ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

オイル漏れ・・・

夏前のことだったか、庭に気になる油汚れが。
160915oilseal_kick (0)

今春頃から汚れはだんだん大きくなって、梅雨時期には雨のたびに油膜が流れ家人より苦情が寄せられていたので、重い腰を上げて原因を探ることに。

原因はコイツか!?
160915oilseal_kick (1)

やはりエンジン(笑)
160915oilseal_kick (2)

6V後期のケースを使って、クランク、腰上パーツともに社外品を使って組んだエンジンです。

ちなみにケースとヘッドはC70、ミッションはダックスの4速です。

保管時の漏れの場合、疑うべきはキックシャフトのオイルシール!
160915oilseal_kick (3)

エンジン組むとき、シールは交換してないような・・・
160915oilseal_kick (4) 泥蜂が巣作っとるし(笑)

この状態で交換してしまいましょう。
160915oilseal_kick (5)

今回、新大洲のシールを使います。
160915oilseal_kick (6)

これ。
160915oilseal_kick (7)

裏側にスプリングがある。
160915oilseal_kick (8)

ここのシールは国内品にはスプリングはなかったような気も。

まあええか(笑)

交換完了。
160915oilseal_kick (9)

ちょっと順番飛ばしですが、補修したエンジンに換装します。
160915oilseal_kick (11)

搭載していたのは1ヶ月足らずでしたが、その間にはオイル漏れはありませんでした。
160915oilseal_kick (10)160915oilseal_kick (12)

これにて一件落着。

テーマ: スーパーカブ系 -  ジャンル: 車・バイク
by ごきげんカブ  at 17:09 |  カブエンジン |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments

No title

「油膜」で思い出しましたので、前に述べたキャブレターのオーバーホールとドレンボルト受けの応急処置以来、とりあえず油膜が落ちる量はだいぶ減りました。

いづれにせよ、吾輩のシティエースⅡも11万1400㎞も走ってきた以上、来春あたりに「エンジン内部のオーバーホール(クランクケース交換も兼ねて)」も控えています。

先日、テグの「バイクパーツ(www.bikepart.co.kr 但し韓国語のみ)」を覗いてみたのですが、「シティエース」の分で9ページもありました。

内訳は(これは要るべきでしょうか?と思っている分のみ紹介、カッコ内の数字はウォン単位)、①ギアシフトカムストッパーアーム(3000)/②クラッチカムプレートコンプ(4000)/③クラッチレバー(3600)/④キックスターターリテーナー(1000)/⑤クランクリテーナー18.9✖28✖4.5(1000)/⑥クランクリテーナー30✖42✖4.5(1200)/⑦クランク(旧型51000、新型49000)/⑧クランクケース右側(68000)/⑨ミッションセット(80000)/⑩ガスケットセット(9000)/⑪オイルポンプ(8500)/⑫メインシャフト(27500)/⑬カムチェーンガイドローラー(2000)/⑭カムギア(2500)/⑮カムチェーンプッシュロッドスプリング(2000)/⑯クラッチディスクセット(7500)/⑰オイルフィルター(1000)/⑱シリンダーヘッドカバーボルト4本セット(6000)/⑲ギアシフトドラム(23000)/⑳カムシャフト(32000)/㉑ピストン(10000)/㉒スタートチェーン(3500)/㉓カムチェーンテンショナーローラー(1500)/㉔カムローラー(1500)/㉕クラッチハウジング(22000)/㉖クラッチシュー(21000)/㉗オイルポンプギア(1500)
で大丈夫でしょうか?

【おことわり。】ピストンリングはすでに持っていますが、カムチェーンとエアクリーナーだけは国内でも買えるのであえて省略。
by デブネコ 2016/09/19 11:32  URL [ 編集 ]

デブネコさん

元エンジンが落ち着いているとのこと、何よりです。

> 「エンジン内部のオーバーホール(クランクケース交換も兼ねて)」
交換予定パーツ拝見しました。
エンジン、バラしたり組んだりを楽しむ変な趣味人?(笑)であれば、ケースとクランク、あとどうしても交換しておきたいケース内パーツ、腰上を交換(部品が出ればオーバーサイズ化)、メンテして様子をみるところでしょうが、そうでない場合には(あるいはミッション抜けとかあるんでしょうか?)距離も回ってますし、ケース内部含めて磨耗が考えられる所は大々的に交換しておくのも手ですね。
これだけの改修を行うということは、さらに10万とは言わないまでも近い距離を乗るおつもりと思います。
せっかくケース開けたのに・・・
同じ消耗品なのに、何でこっちは交換せんかったん?
とかいうのは避けたいですよね。
ただ、アレですね。
ほぼ、エンジンは新品に戻ると言っていいですね(笑)
by ごきげんカブ 2016/09/21 22:15  URL [ 編集 ]
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

月別アーカイブ
プロフィール

ごきげんカブ

Author:ごきげんカブ
スーパーカブ、タイカブ、リトルカブ、ベンリー90Sなどホンダ横型エンジン部門?を中心にメンテやツーリングを楽しんでいる自称好青年、他称タダのオヤヂです(笑)
このたびWAVE125Sが新たに仲間入り!
混迷度合いが増してきました(笑)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。